若返り、アンチエイジング、プチ整形の情報サイト

若返り総合サイト 慶友形成クリニック
TOP[トップ]GUIDE[クリニックのご案内]FEATURE[クリニックの特徴]PRICE[料金]FAQ[ご質問]SITEMAP[サイトマップ]
アンチエイジングとは老化の原因とは加齢に伴う肌の変化加齢に伴う体の変化各治療のご案内メール相談
若返りのトップ > 老化の原因とは
老化の原因とは
 

肌老化の4大原因と呼ばれているのは、光老化、皮膚の乾燥、細胞の酸化、皮膚の菲薄化です。これらによって肌は徐々に老化し始めます。原因を正しく理解し、正しいスキンケアを身につけることで老化の進行を止めましょう!!

 
光老化 細胞の酸化 皮膚の乾燥 皮膚の非薄化
 
光老化とは?
長い期間にわたり、日光(紫外線)に当たり続けた、顔や首などの皮膚にみられる変化を「光老化」と呼びます。紫外線には UV-A,UV-B 、 UV-C の3タイプがあり、それぞれ波長の違いで肌に対する悪影響も違ってくるのです。
 

それではこのような紫外線が肌に対してどのような悪影響を及ぼすのでしょうか?

「UV-A」 波長が長く、30%前後が表皮を通過し、真皮の奥深くまで到達します。真皮まで到達する際にシミ・そばかすを作り出すだけでなく、深い層まで簡単に到達してしまうため、コラーゲンの変性など弾力線維変性を引き起こしてしまいます。結果として「たるみ」を作ってしまうのです。また、さまざまな物質に反応しやすく、アレルギー物質を作ってしまうという報告も非常に多いのです。
 
「UV-B」 散乱・吸収しやすく、真皮の浅い層までで止まりますが、腫れや痛みなどの著しい炎症を引き起こし、肌にダメージを与えてしまいます。浅い層での炎症ですので「日焼け」や「シミ」、「シワ」を作りやすいのが特徴です。
 
 

一般的に「シミ」や「シワ」が気になり始めると「年のせいだから…」と思いがちですが、加齢によるものだけではなく、これら紫外線の影響によって生じる老化の割合が80%とも言われています。そのため紫外線対策をしっかりと行うことが「アンチエイジング」にも大きく関わってくるのです。

 
光老化を防ぐ

これら光老化を防ぐにはどういった方法が適しているのでしょうか?簡単に言えば紫外線に当たらなければ光老化はとりあえず防ぐことはできるのです。

 
■紫外線対策
・日焼け止めクリームを使用する。
・帽子をかぶる。
・サングラスを使用する
・長袖をきる  など
こういった対策である程度の紫外線の照射を防ぐことは可能です。しかし、生活している上、紫外線に絶対に当たらない生活を送るということは不可能なのです。

そこで…
浴びてしまった紫外線に対して自宅でできるケアとは…

 

十分な栄養を取る!ということです。バランスの取れた食事で必要な栄養素を補給することにより、肌を穏やかに保つことが出来るのです。特にビタミンC 、ビタミンE 、βカロチンなどはこういった症状を速やかに改善する働きがあるので、補充することをお忘れなく!!
また、ストレスもよくありませんので、適度な運動と十分な睡眠をとることも大切なのです。

 
 

細胞の酸化とは?

私たちの体の細胞は金属や食べ物と同様に「酸化」傾向に働くのをご存知ですか?活性酸素の影響で体に悪影響を及ぼすという報告が多いのですが、最近ではこの活性酸素については逆説もあり、どちらが正しいのか賛否両論があるため一概には言えない状況です。しかし、活性酸素以外にも体を酸化傾向にさせてしまう要因は少なくありません。大気汚染や、喫煙、ストレスなどさまざまな要因が重なることで体は酸性に傾いてしまうのです。また、体から分泌される脂質が酸化され過酸化脂質が生成されると、コラーゲンにダメージを与えてしまい、皮膚細胞に大きな障害を残してしまいます。それがさらなる肌の老化を進行させてしまうのです。

 
皮膚の乾燥とは?

なぜ?加齢で肌は乾燥傾向になるのか。
女性は20歳を過ぎた頃から、女性ホルモンの影響で皮脂の分泌量は徐々に低下してきます。皮脂は肌細胞の水分蒸散を抑えるために、皮脂膜を作って保護しています。分泌量の低下によってこの機能が正常に作用しなくなるため、水分が蒸散してしまい、乾燥肌(ドライスキン)を引き起こしてしまうのです。

 
乾燥肌でで引き起こされる肌サイクルの悪化

皮膚の乾燥によって、引き起こされる肌へのダメージは、著しく肌の老化を進行させてしまいます。基底細胞の増殖能力というのは十分な水分がある健康な環境で保たれています。そのため、皮膚が乾燥傾向に陥ると、基底細胞における細胞増殖能力が著しく低下し、ターンオーバーが延長してしまったり、表皮が薄くなってしまい、ハリのない肌質に変化してしまいます。この状態が長く続くと、本来アカとして剥がれ落ちるはずの角質細胞が残ってしまい、表皮が厚くなりますます、肌の状態を悪化させてしまう最悪の肌サイクルができてしまうのです。

 
乾燥で生じる肌の症状
乾燥で生じる大きな症状はやはり「シワ」です。特に目元の小ジワなどは加齢による乾燥肌質によって作られる代表的な例です。
 
皮膚の菲薄化とは?
一般的に50歳を超えると、老化の進行が一段と早くなります。それは、更年期によって女性ホルモン(エストロゲン)が低下し、皮膚の脂肪層が薄くなります。また、同時に真皮も薄く変化してしまうのです。その結果、皮脂腺の活動が鈍くなり、皮脂の分泌量が減少し、シワ・たるみが発生しやすくなるのです。

24時間受付メール相談来院のご予約このページのTOPへ
 
二重まぶた情報
脂肪吸引情報
豊胸情報
エラ削り・フェイスライン情報
AGING若返り
クマ・目元のスキントラブル情報
受け口・セットバック等、症状別治療情報

 
本ページ内すべての文書・データ等は著作物です。
無断掲載・転載等はお断りいたします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic.