若返り、アンチエイジング、プチ整形の情報サイト

若返り総合サイト 慶友形成クリニック
TOP[トップ]GUIDE[クリニックのご案内]FEATURE[クリニックの特徴]PRICE[料金]FAQ[ご質問]SITEMAP[サイトマップ]
アンチエイジングとは老化の原因とは加齢に伴う肌の変化加齢に伴う体の変化各治療のご案内メール相談

若返りのトップ > ご質問 > フェイスリフトについて

ご質問

コメカミリフトについて

フェイスリフトについて
  キュリアレーザーについて 下眼瞼脱脂術について
  下眼瞼切開について 線維芽細胞の注入について
  ヒアルロン酸について エンダモロジーについて
  料金について    
         
フェイスリフトについて
Q 腫れと痛みが心配です。どれくらい続きますか?
A まず、痛みに関してですが100%無いということではありません。しかし、手術後より痛み止めを服用していただくだけで痛みを止めることができます。通常はこの内服だけで十分コントロールできます。次に腫れについてですが、個人差もあるのですが、平均的には4 - 5日で落ち着いてきます。7日後に抜糸をしますがそのころには80 - 90%の腫れは引いています。当院では腫れを最小限にするよう固定を工夫していますし、必要に応じて高周波温熱療法を受けていただきます。
   
Q 3年前に治療を受けたことがあります。その時はミニリフト?ということで腫れも少なかったんですが、ほとんど効果もありませんでした。今回、思い切ってしっかりと手術をしてもらいたいと考え相談しました。
A 確かにミニリフトとなると治療を受ける側から考えると、簡単で傷も少なく腫れも少ないと考えてしまいますね。しかし、ミニリフトというのはあくまで皮膚の切除にすぎません。まぶたならともかく、頬に関しては皮膚だけの切開というのはほとんど意味がありません。切除してもすぐに皮膚は伸びてしまうからです。リフティングの効果が数週間 - 数ヶ月で良いのであればそういった方法でも満足できるかもしれませんが、それでは意味がありません。リフティングの手術というのはしっかりとおこなうことで満足のいく結果が出るものなのです。○○さんの場合はアゴの部分にもたるみがありますので、脂肪を取り除くことと、筋肉を引き上げてしっかりとリフティングの効果を出すことが大切です。当院でのファイスリフトは S-MAS 筋だけではなく、靭帯なども含めて処理しますので持続が長いのはもちろん、自然な仕上がりに仕上げますのでご安心下さい。
   
Q 友人がフェイスリフト後に耳の形が変になっていました。こういったリスクも考えられるんでしょうか?
A フェイスリフトのトラブルで比較的多いのが耳の形状の変化です。それは内部の固定の問題と過剰なリフティングによって生じるものです。当院では耳の形状に変化を起こさないよう適切な固定と処理に熟知していますのでご安心下さい。また、筋肉の処理などにおいても細かく調節しますので過剰なリフティングにもなりません。あくまで自然な仕上がりをお約束します。
   
Q 気になるのはどれくらい持続するのか?ということです。一度手術を受けたら一生持つということはないんでしょうか?
A 残念ながら手術は永久に持続するわけではありません。だからといって手術を受ける意味がないということではありません。人は誰でも年をとります。常に老化は進行しているんです。リフティングの手術というのは、今の顔の状態を数年前の状態に一旦戻す治療なのです。手術をしなければ10年後にはもっとさらなるたるみを生じていますが、ここでフェイスリフトの手術をすると少なくとも一旦老化をストップさせることができるのです。
   
Q リフティングの方法は色々あってどれが良いのかわかりません。
A 確かにクリニックのホームページや広告などではさまざま方法でおこなっているように思えますが、実際にはそれほど種類というのはありません。皮膚だけ切除するクリニック、 S-MAS や脂肪を含めて処理するクリニックなどさまざまですね。どの方法が適しているのか?ということですがそれは状態によって違うのです。皮膚の処理だけのミニリフトというのは問題がありますが、その他については引き上げる度合いや、どこまでの仕上がりを希望するのか、骨格、皮膚の状態によって違うのです。当院では靭帯を含め細かな処理をしますので他と比べると手術時間は非常に長くなりますが、仕上がりと持続に関しては非常に評価されています。これらは美容雑誌『家庭画報』などでも紹介されています。
   
Q できれば入院を希望しています。
A 当院は入院設備も整っていますので、ご希望があれば入院まで対応させていただきます。しかし、入院ベットには限りがありますので長期に及ぶ入院をご希望の場合は、ホテルでの宿泊などの手配に変えさせていただく場合もございます。また、入院施設への転院にも対応致します。
   
Q 傷はどの程度残るんですか?
A フェイスリフトの傷というのは耳の周囲と耳の上3センチ程度の部分を切開します。耳の周囲に関してはほとんど気になる傷ではありませんし、耳の上に関しても頭皮の中ですので目立つことはありません。
   
Q アゴの部分にもたるみがあります。これについてもフェイスリフトで治すことができるんでしょうか?
A はい、アゴの部分についても治療効果があります。ただし、状態によってはポイント的に脂肪吸引も合わせて治療する場合もあります。
   
Q 内視鏡を使った方法で傷も少ないフェイスリフトがあると聞いたんですが?
A 内視鏡を使用したリフティングの治療というのは頬のリフティングではなく前額(額)のリフトでブローリフトとも呼ばれています。あくまで額のシワを改善することと眉の位置を調節することのできる方法です。当院でも内視鏡下的ブローリフトについても専門的に治療いたしますのでお気軽にご相談下さい。
   
Q 日帰りの治療を希望しています。可能でしょうか?
A 基本的にご帰宅は可能です。しかし、当院では傷を最小限にする目的と日常生活への制限を最小限にする目的から翌日の検診を必要としています。そのため、ご希望に応じて入院でも対応することが可能です。


>>このページのTOPへ
 
二重まぶた情報
脂肪吸引情報
豊胸情報
エラ削り・フェイスライン情報
AGING若返り
クマ・目元のスキントラブル情報
受け口・セットバック等、症状別治療情報

 
本ページ内すべての文書・データ等は著作物です。
無断掲載・転載等はお断りいたします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic.