若返り、アンチエイジング、プチ整形の情報サイト

若返り総合サイト 慶友形成クリニック
TOP[トップ]GUIDE[クリニックのご案内]FEATURE[クリニックの特徴]PRICE[料金]FAQ[ご質問]SITEMAP[サイトマップ]
アンチエイジングとは老化の原因とは加齢に伴う肌の変化加齢に伴う体の変化各治療のご案内メール相談

若返りのトップ > ご質問 > キュリアレーザーについて

ご質問

コメカミリフトについて

フェイスリフトについて
  キュリアレーザーについて 下眼瞼脱脂術について
  下眼瞼切開について 線維芽細胞の注入について
  ヒアルロン酸について エンダモロジーについて
  料金について    
         
キュリアレーザーについて
Q レーザーで本当にたるみは取れるんですか?
A 当院で使用しているリフティングレーザーは半導体レーザーです。真皮層への働きかけに効果的でリフティングに関しては非常に優れているレーザーです。通常、2 - 3回の照射で肌の変化を感じていただけますし、5 - 6回の照射でたるみなどは改善します。
   
Q 何回くらいの通院が必要でしょうか?
A 通常、5 - 6回を1クールとしています。その後は1ヶ月に1回メンテナンスとしてご来院していただくことをお勧めしています。
   
Q レーザーを当てているときは痛くないんですか?
A 半導体レーザーですがメラニンの豊富な部分には痛みを感じる可能性がありますが、著しいものではありません。痛いという感じ方よりも冷却装置によって冷たく感じることのほうが大きいと思います。
   
Q どれくらい持続しますか?
A たるみに対しての持続期間ですが治療後なにもしなければ半年から1年程度で元の状態にもどる可能性はあります。しかし、それはあくまで一般的な老化という意味でお考え下さい。お勧めしているのは1クール後、1ヶ月に1回程度はメンテナンスに来ていただくことが望ましいと思います。
   
Q 照射中のスキンケアはどうすればいいんでしょうか?
A 特にスキンケアに関しては今まで通りでかまいません。ただし、治療の有無とは関係なく UV ケア、ビタミン C の補給などは必須です。また、十分な保湿ケアも今後のスキンケアに大きく影響しますので十分な対策が必要となります。ご希望があれば当院の専任アドバイザーがおりますので、スキンケアのアドバイスについても対応させていただきます。
   
Q エステなどではよく化粧品の販売も勧められますが、治療を受けるときに化粧品などの購入も必要なんですか?
A いいえ、化粧品のお取り扱いはございますが、購入しなければ治療を受けることができないということではありません。今お使いの化粧品をそのままご使用していただければ良いと思います。
   
Q レーザーの照射とイオントフォレーシスがセットになっていますが、なにか意味があるんでしょうか?
A 当院ではレーザー照射と合わせてイオントフォレーシスもしくはソノフォレーシスとのセットでの治療をお勧めしています。理由はレーザー照射直後というのは見た目にはわからない肌に炎症を起こします。その状態でビタミンやアミノ酸を導入することは肌細胞の活性化に対して非常に重要で意味のあることと判断しております。そのため、当院ではいずれかの施術との組み合わせでお勧めしています。
   
Q レーザーとピーリングを同じ日に受けたいんですが可能でしょうか?
A キュリアレーザーは表面の皮膚ダメージが少ないからといってピーリングと併用することはできません。レーザー照射後はやはり1 - 2週間の間隔で行うことが必要です。
   
Q レーザー治療はシワに対しても効果的なんでしょうか?
A シワに対して効果的です。と言いたいのですが、実際には難しい場合もあります。浅いシワやちりめんジワに対しては比較的効果が認められていますが、深くなっているシワに対しては難しいと思います。レーザーの効果としては弛みの治療と今後の予防的なスキンケアという位置づけで考えていただくことが望ましいと思います。しかし、治療を行うかおこなわないかでは明らかに今後の経過は違います。深いシワにはやはり、ヒアルロン酸やボトックスによる治療を組み合わせることが望ましいと思います。
   
Q お化粧はいつから可能でしょうか?
A レーザー照射の当日からお化粧は可能です。外傷や痛み、腫れなど一切ありませんのでご安心下さい。照射後はそのまま普段どおりにご帰宅していただけます。


>>このページのTOPへ
 
二重まぶた情報
脂肪吸引情報
豊胸情報
エラ削り・フェイスライン情報
AGING若返り
クマ・目元のスキントラブル情報
受け口・セットバック等、症状別治療情報

 
本ページ内すべての文書・データ等は著作物です。
無断掲載・転載等はお断りいたします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic.