若返り、アンチエイジング、プチ整形の情報サイト

若返り総合サイト 慶友形成クリニック
TOP[トップ]GUIDE[クリニックのご案内]FEATURE[クリニックの特徴]PRICE[料金]FAQ[ご質問]SITEMAP[サイトマップ]
アンチエイジングとは老化の原因とは加齢に伴う肌の変化加齢に伴う体の変化各治療のご案内メール相談

若返りのトップ > ご質問 > ヒアルロン酸について

ご質問

コメカミリフトについて

フェイスリフトについて
  キュリアレーザーについて 下眼瞼脱脂術について
  下眼瞼切開について 線維芽細胞の注入について
  ヒアルロン酸について エンダモロジーについて
  料金について    
         
ヒアルロン酸について
Q どれくらい持続するんですか?
A 通常、ヒアルロン酸は6 - 12ヶ月ですべて吸収されてしまいます。しかし、効果が6 - 12ヶ月持続するわけではありません。徐々に吸収されてしまいますので、実感としての効果は6ヶ月前後とお考え下さい。ただし、初めてのヒアルロン酸注入に関してはもう少し短くなると思います。
   
Q 副作用はないんでしょうか?
A ヒアルロン酸のアレルギー反応というのは赤みがあります。しかし、頻度としては1%以下と非常に少なく、安全性に関しては非常に優れています。
   
Q お化粧はいつから可能ですか?
A 注入の当日からお化粧は可能です。
   
Q 注入直後より、ミミズ腫れのようになってしまいました。修正は可能でしょうか?
A 皮膚の薄い部分に注入してしまうとそういったことになる可能性はあります。技術的な問題も大きいので、まずは治療を受けたクリニックにご相談下さい。
   
Q 皮膚の表面が凹凸になりませんか?
A 目元に使用するヒアルロン酸は粒子が細かく、鼻の形成などで使用するものとは違いますので、表面上、凹凸になることはありません。
   
Q なぜ、吸収されるヒアルロン酸と使うんですか?利用する側から考えれば吸収されないほうが良いんですが?
A 使用する注入材料(フィラー)に関してはクリニックの医師によって、さまざまな考え方があるのは事実です。当院では安全性と将来性を考え確実に吸収される医療材料を選択しています。理由は安全性に関しては、まず非動物性であることが重要であると考えています。非動物性の製剤はバイオテクノロジーによって精製されていますので、感染症やアレルギーの心配がありません。次に将来性のことですが、非吸収性の医療材料でもアレルギーは非常に少ないとは思います。しかし、万一、アレルギーを引き起こした場合取り返しのつかないことになるのです。また、アレルギーのことだけがクローズアップされていますが、アレルギーだけの心配ではありません。皮膚の状態が自然な加齢にならないのです。誰でも老化は進行します。皮膚の状態というのは筋肉の弛緩の状態によって大きく左右されます。注入時はある程度肌に弾力が残っている状態で注入しますが、その肌の状態が加齢によって大きく変化したときに、吸収されないものの場合、非常に不自然になることが考えられます(アプトスなども同様)。これらのことから当院では非吸収性の注入材料やアプトスリフトなどのリスクの伴う治療は一切行っておりません。
   
Q どれくらい効果が持続しますか?
A 通常、1年近くヒアルロン酸は体内に残留します。しかし、1年後に急に吸収されてなくなるわけではなく、1年かけて徐々に吸収されていきますので、シワなどに対する効果としては6 - 9ヶ月程度とお考え頂くことがよいと思います。
   
Q ここでのヒアルロン酸は1本購入という形ですが、使用する量に応じての費用計算ではない理由を教えて下さい。
A ヒアルロン酸は注入剤です。注入量に応じて…というのは結局のところ量り売りですので、余った製剤を別の人が利用するということになるのです。医療機関ですので、すでに利用された注射器を再度使うというのは医療的モラルの欠落であると考えます。一般的に病院で使用する注射と考え方は同じです。注射薬が余ったから次の人に使おうという発想にはなりません。
   
Q ボトックスと併用することはできます?
A 目尻にシワに関してはボトックスと併用して治療することは可能です。しかし、同一部位であれば同時に注射するのではなく、まずはボトックスで動きを緩和し、その後、シワの凹を補填すると考えていただいたほうが良いと思います。
   


>>このページのTOPへ
 
二重まぶた情報
脂肪吸引情報
豊胸情報
エラ削り・フェイスライン情報
AGING若返り
クマ・目元のスキントラブル情報
受け口・セットバック等、症状別治療情報

 
本ページ内すべての文書・データ等は著作物です。
無断掲載・転載等はお断りいたします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic.