若返り、アンチエイジング、プチ整形の情報サイト

若返り総合サイト 慶友形成クリニック
TOP[トップ]GUIDE[クリニックのご案内]FEATURE[クリニックの特徴]PRICE[料金]FAQ[ご質問]SITEMAP[サイトマップ]
アンチエイジングとは老化の原因とは加齢に伴う肌の変化加齢に伴う体の変化各治療のご案内メール相談
若返りのトップ > 各治療法のご案内トップ > 自己再生医療(線維芽細胞)
各治療法のご案内
 
face 注入治療
ヒアルロン酸ボトックス自己再生医療(線維芽細胞)
手術療法
フェイスリフトコメカミリフトアイリフト
メディカルエステ
body キュリアレーザーソノフォレーシス
CETスキンケアトリートメントフェイシャルエステ
 
エンダモロジーCETEMS

自己再生医療(線維芽細胞)
自己コラーゲン(線維芽細胞)注射によるアンチエイジング

通常のコラーゲンとは違い線維芽細胞を注射することで、従来の補填的な治療結果ではなく、補填効果+肌の再構築を促す最新の再生治療です。自己組織ですのでアレルギーの心配もなく、培養することで線維芽細胞を増殖させることができます。適応としてはシワだけでなく、ニキビ跡の陥没に対しても有効で、成績も良く非常に評価されている治療です。ヒアルロン酸注入との大きな違いは、ヒアルロン酸は時間の経過で100%吸収されるため、継続的な注射が必要となりますが、この線維芽細胞注射に関しては吸収後の肌に線維芽細胞が働きかけ、肌を再構築してくれることが最大のメリットです。

 
線維芽細胞って何?
まず、コラーゲンはどのように作られるのでしょうか? 実はコラーゲンの生成に線維芽細胞が必須なのです。線維芽細胞でコラーゲン分子というのが作られます。作られたコラーゲン分子は細胞の中で結合して、コラーゲン線維と変化していくのです。そのため、自己の線維芽細胞を直接注入するということには非常に重要な意味があるのです。線維芽細胞は大量のコラーゲンを作り、肌の弾力を取り戻す修復効果が認められています。海外(イギリス)では歯周疾患や妊娠線治療などの研究にも用いられています。将来的にはシワの治療だけではなく、妊娠線などにも応用されていくと思います。
 
 
   
         
   
約2ヶ月かけて線維芽細胞を培養し増殖させた状態です。量の増加は上の写真で明らかですが、量だけではなくコラーゲン増殖作用にも非常にすぐれた効果を発揮してくれます。一度採取した細胞は5回の培養が可能です。
 
治療の流れ

自己線維芽細胞については、まず、耳の裏側から培養するための皮膚を採取します。傷は数ミリですので傷跡の心配はありません。採取した細胞は2 - 3ヶ月かけて培養し、線維芽細胞を増殖させます。増殖させた線維芽細胞を治療部分に注射します。
【麻酔について】 これらの治療の麻酔は局所麻酔及び麻酔クリームにて対応致します。
【手術方法】 耳の裏側から皮膚の一部を数ミリ採取します。

【手術時間】 ・皮膚の採取
・血液の採取
・治療部位への注入
15分程度
60分程度
5分程度
 
治療を開始してからの流れ

皮膚細胞摘出

 
 
培養 約2ヶ月の期間を要します。
 
注入 3 - 6ヶ月後に再度注入します。
 
培養 最初に取り除いた組織を繰り返し培養します。(最大5回)
 
注入

※ヒアルロン酸と違い、数回の注入でシワ部分のシワの組織は再構築され、十分なコラーゲンが産生されます。


 
コラーゲン注入が可能な部位
コラーゲン注入が可能な部位
 
他の自己コラーゲン注入との違い

細胞補充療法、ECMなどさまざまな自己細胞を利用した「再生医療」が行われています。線維芽細胞を注入したり、幹細胞を注入したりなどです。多くの場合、脂肪を吸引して吸引した脂肪組織を酵素などを用いて分離し、注入する方法を補充療法と呼んでいます。確かに脂肪を直接注入するよりは、トラブルは少ないと思いますが、効果には疑問が残ります。それは通常の脂肪細胞から抽出できる分離された細胞の量に問題があるのです。当院で行っている線維芽細胞注入は肌の細胞組織を取り除いた後、線維芽細胞だけを培養し、増殖される方法です。注入するのは線維芽細胞だけですので明らかに効果が違います。こういった治療法はごく限られた施設以外できません 。また、培養に使用する培養液も自己の血液を使用しますので感染症などの心配も一切ありません。

 
 
費用はこちらをご覧になってください
線維芽細胞に関するよくある質問はこちら
線維芽細胞に関してのご相談はこちらから

線維芽細胞サイト
線維芽細胞に関する総合情報専門サイトがオープンしました!
24時間受付メール相談来院のご予約このページのTOPへ
 
二重まぶた情報
脂肪吸引情報
豊胸情報
エラ削り・フェイスライン情報
AGING若返り
クマ・目元のスキントラブル情報
受け口・セットバック等、症状別治療情報

 
本ページ内すべての文書・データ等は著作物です。
無断掲載・転載等はお断りいたします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic.