フェイスリフト

フェイスリフト

TOP[トップ]GUIDE[クリニックのご案内]FEATURE[クリニックの特徴]PRICE[料金]FAQ[ご質問]SITEMAP[サイトマップ]
アンチエイジングとは老化の原因とは加齢に伴う肌の変化加齢に伴う体の変化各治療のご案内メール相談
若返りのトップ > 各治療法のご案内トップ > フェイスリフト
フェイスリフト
質の高い、 Quokity of Life を送るために !!

フェイスリフトは頬や二重アゴなど崩れたフェイスラインをドラマティックに改善させる方法。フェイスリフトは高度な治療技術と集中力が大切ですが、それ以上に必要なのは経験です。最近では多くのクリニックで敬遠されがちな治療ですが、慶友形成クリニックではフェイスリフトを含めたリフトアップの外科的治療は多くの実績があります。最近の傾向として、手術を簡素化できるイメージのハッピーリフト、金の糸など好ましくない治療が横行していたり、手術を簡素化するために、皮膚だけの切除や S-MAS だけの処理しかおこなわないクリニックがほとんどです。しかし、慶友形成クリニックでは確実な効果と自然な仕上がりを叶えるフェイスリフトをおこなっています。また、皮膚、筋肉のたるみをフェイスリフトで改善するだけでなく、線維芽細胞移植とフェイスリフトを組み合わせた治療であれば、肌そのものの若返りもできる究極のアンチエイジングが可能なのです。

 
フェイスリフトとは  
テレビなどを見ていると、タレントさんやモデルさんなどがある日突然、たるみが無くなっていたり、口角が不自然に高くなっていたり、若返ったけれども表情が不自然?と感じたことはありませんか。それは本来のフェイスリフトではありません。一般的に行われているフェイスリフトは耳の前後を切開して、皮膚を引き上げる治療ですが、皮膚だけを引き上げても表面にツッパリ感が出るだけで、自然な若返りは不可能です。慶友形成クリニックのフェイスリフトは単に皮膚、筋肉を引き上げるだけではなく、皮膚、筋肉、皮下組織をつないでいる靭帯まですべて処理するフェイスリフトです。このフェイスリフトの場合、引きつれを起こすことなく、自然に仕上がることが最大の特徴です。また、従来の治療法と違い、フェイスリフトの持続効果の延長にも大きく役立っています。
 
フェイスリフトの手術について

【麻酔法】
フェイスリフトは短時間で終了するわけではありません。そのため、基本的には全身麻酔下で治療致します。手術中は確実に入眠していますので一切痛みを感じる心配もありません。全身麻酔は全身状態を正確にモニターリングし、安全な状態で治療致します。

【手術方法】
耳の上部、前面、後側に沿って切開します。切開の範囲などについてはその方の頭の形状、皮膚の引き上げ方で多少は変わります。広範囲に皮膚を剥がし、皮膚、筋肉(筋膜 S-MAS筋)をさらに剥がし、引き上げるポイントを確認します。引き上げるポイント確認し、糸で細かく縫縮、縫合します。この時に靭帯などもすべて固定や処理をします。必要に応じて脂肪を吸い出します。最後に皮膚をリフトアップし傷を縫い合わせてフェイスリフトの治療は終了です。
※他院の修正で、フェイスリフトの傷跡修正、その他、傷を隠すための植毛などを行うことも、ご希望に応じて対応しています。
【手術時間】
6-7時間程度
  手術方法図解


慶友形成クリニックの特徴 フェイスリフトの術式の違い
【加齢による肌老化の模式図】
老化した肌は皮膚だけではなく、筋肉、靭帯などすべてに緩みが生じ、重力によって支えることができず、弛みとなってフェイスラインを著しく崩してしまいます。特にほうれい線やアゴからエラ部分のフェイスラインには大きな問題となるのです。レーザーなどは一時的な引き締め効果はありますが、数か月や数年など持続することはありませんので根本的な治療にはやはりフェイスリフトが有効です。
 
【当院のフェイスリフトの特徴】
フェイスリフトの治療効果、自然な仕上がりに大切なものは、引き上げる方向、重力とのベクトルが大きく関与しています。単に上に引き上げれば良いというものではありません。単に引き上げるだけの場合、治療時間は数時間で済みますし、治療を行う側も非常に簡単です。しかし、それではリフトアップ効果と仕上がりの自然さに違いが生じます。慶友形成クリニックのフェイスリフトは単にたるみと逆の方向に引き上げるだけではなく、皮膚と筋肉、靭帯の固定を確実におこない肌の状態そのものを若いたるみの無い状態に仕上げるフェイスリフトです。
 
【固定方法の大きな違い】
フェイスリフトにおける筋肉の固定方法はさまざまです。慶友形成クリニックにおけるフェイスリフトの固定は、将来的に緩む可能性のある部分で、弛みを生じてはいけない部分(効果の持続)に関しては固定糸、表面的で一時的な固定で良い部分には吸収糸を使用するなど、細かな部分においてもエビデンス(医学的根拠)と治療結果へのこだわりをもって治療しています。こういった結果から仕上がりの自然さ、傷跡の限薄さで患者さんの満足度を著しく上げています。
 
【再生医療との併用が可能】
当院は美容外科としては国内で唯一、クリニック内に再生医療センターを設置し、専任スタッフを常駐し、組織培養をおこなっています。フェイスリフトで採取した組織を用いて、線維芽細胞を培養し、肌に移植することができる国内唯一の医療機関です。細胞培養だけのクリニックも増えつつありますが、慶友形成クリニックでは5年前から導入しており、多くの実績を誇ります。美容クリニックでも培養設備を所有とあるようですが、現実には外注で培養をおこなっており、技術的、効果的な問題だけではなく、薬事法などに触れるクリニックも多いのが実情です。当施設は院内に再生医療の専用施設を所有していますので、安心して治療を受けていただけます。


【フェイスリフトの通院について】
推奨回数 5-6回
カウンセリング 専門医が診察をし、治療方法、ダウンタイムなどを含めアドバイスさせていただきます。医療機関ですから治療を無理に勧めることはありません。あくまで希望に応じて対応致します。
各種検査 レントゲン、心電図、血液検査 などが必要になります。ご希望がございましたら、カウンセリング当日に各種検査を受けていただくことは可能です。
治療(手術) フェイスリフトの手術です。当日はご帰宅していただけますが、ご遠方などの場合は、ご希望に応じて入院することもできます。
治療(手術) フェイスリフトの手術です。当日はご帰宅していただけますが、ご遠方などの場合は、ご希望に応じて入院することもできます。
検診(1日目) こちらで洗髪をさせていただきます。また、傷をキレイするためのさまざまな処置をおこないます。時間は1時間程度かかります。
検診(7日目) フェイスリフトの縫合糸を抜糸します。切開範囲にもよりますが、10-14日後に耳の上の髪の毛の部分を抜糸します。
検診(10日目) すべての糸などを取り除きます。
検診(1ヵ月目) 治療後の経過をしっかりと診させていただきます。
検診(3ヵ月目) 治療後の経過をしっかりと診させていただきます。
検診(6ヵ月目) 治療後の経過をしっかりと診させていただきます。


【治療後の傷及び経過について】
当日 手術の当日は入院していただくことも可能です。腫れ、内出血を最小限にするために顔全体をしっかりと圧迫・固定致します。
1日後 クリニックに来ていただき、圧迫を外します(入院されている場合は午前中に洗髪を含めケアをさせていただきます)。状態によっては簡単なマスクだけで帰宅していただけます。シャワーを準備していますので、洗髪を含め適切なケアを行います。また、傷を最小限にするよう処置を行います。腫れを生じていますが、2 - 3日で徐々に引いてきます。
3日後 個人差もありますが、腫れのピークが過ぎます。徐々に腫れが引き始めます。
5日後 傷に糸はありますが、外見上、著しく不自然な状態ではありません。
7日後 抜糸を行います。引き上げる範囲にもよりますが、コメカミ部分は残す場合もあります。ただし、髪の毛の中になりますので残っても目立つことはありません。この頃、腫れは7 - 8割程度落ち着いています。
10日後 7日後で抜糸できなかった部分をすべて抜糸します。
14日後 腫れは9割程度落ち着いています。基本的には仕上がりに近い状態です。
1ヶ月後 傷は部分的にピンク色の状態になっていることもあります。
3-6ヶ月後 完全な仕上がりです。


【その他】
腫れ 不自然な腫れに関しては通常、4 - 5日程度です。
痛み 術後から著しい痛みはありません。鈍痛に関しては内服で十分コントロールできます。
傷について 耳の前 - 耳たぶ - 耳の裏側に傷を生じますが、最終的には目立つ傷ではありません。


【日常生活での問題点】
食事について 特に制限はありません。
サプリメント ビタミン剤に関しては一部服用を制限させていただく場合がございます。
洗顔・メイク 2 - 3日後から洗顔、メイクが可能。
シャワー・入浴 シャワーは2日後から可能。入浴は抜糸後から可能。
飲酒・タバコ 治療後6 - 7日は控えて下さい。
スポーツ 激しい運動に関しては2週間禁止。ダンスも含む


フェイスリフトのメリット・デメリット
【メリット】
過剰な皮膚まですべて処理できますので確実な若返りが可能。
靭帯・脂肪の処理によって過度の引き上げを必要とせず、自然な 若返りが可能。
他の方法と違い、脂肪・靭帯の処理によって傷も目立ちにくくなりました。
【デメリット】
腫れなどの問題からダウンタイムを生じる。
過剰に引き上げると表情まで不自然になる可能性がある
傷が残る。しかし、決して目立つ傷ではありません。
 
フェイスリフトにおけるリスク・問題点

【血管・神経の損傷】
フェイスリフトは単に皮膚を切除して引き上げるだけでは効果はありません。そのために適切な処理が必要となります。一般的に多いトラブルとして顔面神経の損傷があります。これらは医師の技術的な問題によるものです。当院では靭帯処理なども細かく行いますが、顔面神経の損傷に関しては最先端の医療技術でカバーしています。

【過度の引き上げによる不自然な若返り】
一般的なクリニックのフェイスリフトでは皮膚の処理もしくは S-MAS などの筋膜処理までですので、状態によっては引き上げたときに不自然になってしまう場合があります。当院では皮膚・筋膜・靭帯など丁寧に処理し、表面に近い部分だけを過度に引き上げるリフティングではなく、全体を自然に引き上げるリフティングですので、仕上がりの自然さと効果の持続には絶対的な自信があります。

 
 
各治療法のご案内
 
face 注入治療
ヒアルロン酸ボトックス自己再生医療(線維芽細胞)
手術療法
フェイスリフトコメカミリフトアイリフト
メディカルエステ
body キュリアレーザーソノフォレーシス
CETスキンケアトリートメントフェイシャルエステ
 
エンダモロジーCETEMS
費用はこちらをご覧になってください
フェイスリフトに関するよくある質問はこちら
フェイスリフトに関してのご相談はこちらから

24時間受付メール相談来院のご予約このページのTOPへ
 
二重まぶた情報
脂肪吸引情報
豊胸情報
エラ削り・フェイスライン情報
AGING若返り
クマ・目元のスキントラブル情報
受け口・セットバック等、症状別治療情報

 
本ページ内すべての文書・データ等は著作物です。
無断掲載・転載等はお断りいたします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic.