若返り、アンチエイジング、プチ整形の情報サイト

若返り総合サイト 慶友形成クリニック
TOP[トップ]GUIDE[クリニックのご案内]FEATURE[クリニックの特徴]PRICE[料金]FAQ[ご質問]SITEMAP[サイトマップ]
アンチエイジングとは老化の原因とは加齢に伴う肌の変化加齢に伴う体の変化各治療のご案内メール相談
若返りのトップ > 各治療法のご案内トップ > アイリフト
各治療法のご案内
 
face 注入治療
ヒアルロン酸ボトックス自己再生医療(線維芽細胞)
手術療法
フェイスリフトコメカミリフトアイリフト
メディカルエステ
body キュリアレーザーソノフォレーシス
CETスキンケアトリートメントフェイシャルエステ
 
エンダモロジーCETEMS

アイリフト

目元の若返り

目元の若返りにはさまざまな方法があります。メスを使う“surgery”とメスを使わない“non-surgery”です。一般的にはメスを使わないほうが良いと考える方が多いのですが、著しい皮膚のたるみを起こしている場合などは、やはり外科的な治療を必要とする場合も多いのです。特に目元について、シワ治療であれば注射で十分対応できますが、たるみの場合にはそうはいきません。ここでは目元の若返りの適切な治療方法をご説明いたします。

 
症状別治療法
 
上眼瞼(上まぶた)のたるみ
 
上まぶたのたるみを解消!
  上眼瞼切開
  弛緩(伸びて)してしまった皮膚を切除して、まぶたをスッキリとさせる治療法です。著しい腫れは数日で5日後には抜糸もでき、比較的早い復帰が可能です。傷も二重のライン上ですので目立つことなく、自然な若返りが可能です。
   
  上まぶたのたるみをとってもっと目を大きく魅せたい!
  眼瞼下垂
    伸びてしまうのは皮膚だけではありません。まぶたを持ち上げる筋肉も伸びたり、緩んだりしてしまいます。以前より目の大きさが小さくなったと感じる方は、皮膚の切開だけではなく、まぶたの開き具合も調節する必要があるのです。
   
  目元を全体的に持ち上げたい!
  コメカミリフト
    目元のたるみはまぶたの皮膚だけではありません。髪の毛をアップにするだけで目元の印象が大きく変化する方や、以前にくらべ、目の外側(目尻側)が弛んできたなと感じる方はコメカミリフトが適しています。他の手術と違い著しい腫れを生じないリフティングです。
下眼瞼(下まぶた)のたるみ
 
  まぶたのプクッとした膨らみと取りたい!
  下眼瞼Co2脱脂
    下まぶたの「プクッ」とした膨らみはお化粧では隠せませんし、どんなスキンケア対策をしても改善することはありません。膨らみの原因である「眼窩脂肪」をレーザーで取り除き、スッキリとした目元にすることで貴方の若々しさがさらに美しく変化します。
     
  皮膚のたるみ、膨らみもすべて取りたい!
  下眼瞼切開
    明らかに垂れてしまった下まぶたの皮膚に関してはやはり切開で取り除くことが大切です。この治療は数日の腫れを生じますが、腫れが落ち着いて後は目元のたるみ・シワが無くなるだけでなく、目元に張りを持たせることも可能です。傷もほとんど目立つことなく、自然な仕上がりになるのです。
 
 
費用はこちらをご覧になってください
アイリフトに関してのご相談はこちらから

24時間受付メール相談来院のご予約このページのTOPへ
 
二重まぶた情報
脂肪吸引情報
豊胸情報
エラ削り・フェイスライン情報
AGING若返り
クマ・目元のスキントラブル情報
受け口・セットバック等、症状別治療情報

 
本ページ内すべての文書・データ等は著作物です。
無断掲載・転載等はお断りいたします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic.